時間を忘れて

昨日は久しぶりに、図書館へ行きました~。

ツインズの小学校では

17日から30日まで、読書週間なのです。

家にも絵本がありますが

せっかくなので

次男を連れて、図書館へ。

かなり久しぶりですよ~。

ツインズが幼稚園へ行っていた頃は

行っていたんですけどね。

やっぱり、図書館って

楽しいですね~。

極楽、極楽。


難しい本に興味は無いけど

絵本は大好きだんですよ~。

小さな子も、ウロチョロ出来る

絵本コーナーへ行きました。

興奮状態の次男。

絵本を選んでいられない。

絵本より、消火器が気になるらしく

消火器と消火器の間を、行ったり来たり。

結局、次男をだっこしたまま選ぶ事に。


Pヨコさん(息子さん)オススメの絵本を探したのですが

『おまえうまそうだな』 → 貸し出し中

『ふたりはともだち』 → 無い or 見つけられず

次回、また探す事にしました。


図書館や本屋って

時間を忘れてしまうんですよね~。

1時間半、楽しんじゃいました。


そして

借りてきた本は、こちらです。 downwardleft


『いかりのギョーザ』

『エルフはぞうのしょうぼうし』

『おおきくなるっていうことは』

『おおきな おおきな おいも』

『しゅくだい』

『ともだちおもいのろばくん』


計6冊


私は

まだ、2冊しか読んでないのに

ツインズは、図書館の絵本に気づくと

とりつかれたかの様に、読み始め

6冊を全部、読んでしまいました。


今日は何を読もうかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読み聞かせ

ツインズが、図書室から本を借りてきたので

久しぶりに、絵本の読み聞かせをしました。

今日は、長男が借りてきた絵本です。


題名は・・・


『おれはティラノサウルスだ』


プテラノドンが卵を産んで、赤ちゃんが生まれました。

プテラノドン夫妻は、赤ちゃんを大事に育てたので・・・

赤ちゃんは、どんどん大きくなって、お父さんと同じくらいになりました。

プテラノドン夫妻は、我が子の成長を祈り

子供を一人前にする為に、子離れしようと

泣きながら大空へ飛び立ちます。

翌朝、子供が目を覚ますと

両親が居ないので、泣きながら

何度も何度、大きな声で叫びました。

するとそこへ、ティラノサウルスが

プテラノドンの子に襲いかかろうとやって来るのですが・・・

ケガをしたティラノサウルスを

プテラノドンの子が、やさしく看病して・・・


と、まぁ

簡単に言うとこんな感じ。

後半が、感動的な良い話なんですが・・・

しんどいので、カットカット。


読み終わって、ツインズの顔を見たら

長女がメソメソ。

そんなに、読むのが上手だった?


「どうして、お母さんとお父さんは居なくなっちゃったの?」

「私も大人になったら、お別れしなきゃいけないの?」

「一緒に住んじゃ、ダメなの?」

と、泣きながら言いました。


どうやら、自分とプテラノドンの子供を、重ねて見ていた様です。

って事は・・・

お話の前半から、ウルウルだったのね。

そんな風に言って貰えるのは、今だけなんだろうな~。

女の子って、子供の頃から現実的なんだね~。

それに引き換え

男ども(長男&次男)は・・・

読み終わった直後から

わーわー、ギャーギャー。

お気楽でいらっしゃいますねぇ。

男女の価値観の違いってのが

感じられた瞬間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)